JavaScript 入門

ホーム > TypeScript > データ型

データ型

TypeScript でよく使われるデータ型には次があります。

  • boolean ~ true または false になります。
  • number ~ 数字
  • string ~ 文字列
  • any ~ 型のチェックをスキップします。
  • 配列 ~ number[] または Array<number> と書く
  • タプル ~ [ 型1, 型2, ... ] などと書く。例: [string, int]
  • enum ~ 下記の使い方をみてください。

enum の例

enum は次のように使えます。列挙の名前もとれます。

enum FileType { Jpeg = 1, Png, Mp3, Mp4 };
let t : FileType = FileType.Png;
let v: any = t;
let n: string = FileType[v];
console.log(`v=${v}, n=${n}`);

この結果 div1 には次の値がセットされます。

v=2, n=Png

タプルの例

let p: [number, string] = [51, "Ichiro"];
document.getElementById("div1").innerHTML = `p[0]=${p[0]}, p[1]=${p[1]}`;
console.log(`p[0]=${p[0]}, p[1]=${p[1]}`);

結果は次の通り。

p[0]=51, p[1]=Ichiro

配列

配列は従来の JavaScript 同様インデックスで配列の要素にアクセスできます。 さらに次のように for...of を使って要素の値を取得できます。

let a: number[] = [1, 3, 5, 7];
for(let i of a){
  console.log(i);
}

結果は次の通り。

1
3
5
7

尚、for...in ではインデックスを取得できます。

ホーム > TypeScript > データ型