JavaScript 入門

ホーム > JavaScript の基本 > 配列

配列

JavaScript では配列は組込みの Array オブジェクトとして提供されています。

ここでは代表的な利用方法をみることで、概要を把握しましょう。

JavaScript の配列の使い方

配列、すなわち、Array オブジェクトを作るには次のように new Array として作成します。

var a1 = new Array();
var a2 = new Array(111, 222, 1000);

この例のように、コンストラクタに要素の値を渡すこともできます。

配列内のそれぞれの要素にはゼロベースのインデックスが割り当てられます。 つまり、1番目の要素はインデックス 0、2番目の要素はインデックス 1、となります。

ひとつの配列内の要素は、同じ型の要素である必要はありません。次の例のように、number、string、Function オブジェクトなどと、別々の型でも構いません。 (・・・が、こうして使うのが良いかどうかはまた別問題ですね)

function foo(s) {
	//...
}

var a3 = new Array( 1, 'Hello', foo );

Array 内の要素を集合的に扱うために、Array オブジェクトには便利メソッドが多数実装されています。

例えば、配列内の要素を文字列として結合する join メソッド、サブセットを作るための slice メソッドがあります。

あるいは push メソッドや pop メソッドで要素を出し入れすれば、配列を簡単にスタックのデータとして使えます。

ホーム > JavaScript の基本 > 配列