JavaScript 入門

ホーム > JavaScript の基本 > 関数

関数

他の多くのプログラミング言語でするように、 何度も同様な処理を行う場合には、それを関数 (function) として作成し、 再利用可能なようにします。

JavaScript での関数は関数オブジェクト (Function object) として作られます。

function による関数の宣言

JavaScript で関数を宣言するには次のようにします。

function 識別子 (パラメータリスト) {
	関数のボディ部
}

具体的には、例えば foo という名前の関数を作るには次のようにします。

function foo() {
	document.write('foo!<br>');
}

document.write( typeof(foo) + '<br>' );
foo();

この実行結果は次のようになります。

function
foo!

確かに foo 関数が実行され、"foo!" という文字が出力されていますね。

また、次のように関数オブジェクトを書くこともできます。

var bar = function(s) {
	document.write('[bar] '+s+'<br>');
};

document.write( typeof(bar) + '<br>' );
bar('Hello!');

実行結果は次のようになります。

function
[bar] Hello!

function(パラメータリスト) で関数オブジェクトを作り、そのオブジェクトを bar という名前の変数に代入。 ( ) をつけることによって関数が実行された、ということです。

現段階では関数を作る方法は上の二つの方法がある、ということだけ抑えておけば OK です。

この後、プロトタイプとかクロージャなどの話題になったときにまた取り上げます。

ホーム > JavaScript の基本 > 関数