Web サイト構築のスタンダードである JavaScript 言語の入門サイト。実用的なサンプルコードを用いて平易に解説
JavaScript 入門JavaScript 入門
JavaScript 開発環境
JavaScript の基本
ブラウザの JavaScript
JavaScript の発展的な話題
関連サイト
サイト情報

関数

他の多くのプログラミング言語でするように、 何度も同様な処理を行う場合には、それを関数 (function) として作成し、 再利用可能なようにします。

JavaScript での関数は関数オブジェクト (Function object) として作られます。

function による関数の宣言

JavaScript で関数を宣言するには次のようにします。

function 識別子 (パラメータリスト) {
	関数のボディ部
}

具体的には、例えば foo という名前の関数を作るには次のようにします。

function foo() {
	document.write('foo!<br>');
}

document.write( typeof(foo) + '<br>' );
foo();

この実行結果は次のようになります。

function
foo!

確かに foo 関数が実行され、"foo!" という文字が出力されていますね。

また、次のように関数オブジェクトを書くこともできます。

var bar = function(s) {
	document.write('[bar] '+s+'<br>');
};

document.write( typeof(bar) + '<br>' );
bar('Hello!');

実行結果は次のようになります。

function
[bar] Hello!

function(パラメータリスト) で関数オブジェクトを作り、そのオブジェクトを bar という名前の変数に代入。 ( ) をつけることによって関数が実行された、ということです。

現段階では関数を作る方法は上の二つの方法がある、ということだけ抑えておけば OK です。

この後、プロトタイプとかクロージャなどの話題になったときにまた取り上げます。


小山圭介 著者
小山 圭介
4/15/1973生
米国在住のソフトウェアエンジニア。ITコンサルタント
»プロフィール

© 2012-2017 JavaScript 入門