Web サイト構築のスタンダードである JavaScript 言語の入門サイト。実用的なサンプルコードを用いて平易に解説
JavaScript 入門JavaScript 入門
JavaScript 開発環境
JavaScript の基本
ブラウザの JavaScript
JavaScript の発展的な話題
関連サイト
サイト情報
ホーム > ブラウザの JavaScript > グローバルオブジェクト ~ Window オブジェクト

グローバルオブジェクト ~ Window オブジェクト

スポンサーリンク

クライアントサイドスクリプトでは、Window オブジェクトがグローバルオブジェクトです。

Window オブジェクトはブラウザのウィンドウまたはフレームを表しています。

Window オブジェクトには window プロパティを通してアクセスできます。

そして Window オブジェクトを通して、その他の各種オブジェクトにアクセス可能になっています。

ここではその、クライアントサイド JavaScript の基礎となる Window オブジェクトをみてみましょう。

Window オブジェクトがグローバルオブジェクト

クライアントサイド JavaScript では Window オブジェクトがグローバルオブジェクトです。 このため Window オブジェクトのプロパティは、あたかもそれがグローバルオブジェクトであるかのようにアクセス可能です。

例えば、Window オブジェクトのプロパティである document プロパティは、次のようにしてアクセスできます。

document.write('Hello!');

Window オブジェクト自体には window プロパティ、または self プロパティを通してアクセス可能です。従って、上のコードは...

window.document.write('Hello!');

とか

self.document.write('Hello!');

と同様です。

各種メソッド

ポップアップを表示する alert メソッドやタイマーを使うときなどに利用する setInterval メソッドなどは、 Window オブジェクトのメソッドとして実装されています。

このためクライアント JavaScript のコードのどこからでも利用可能です。


スポンサーリンク
ホーム > ブラウザの JavaScript > グローバルオブジェクト ~ Window オブジェクト
小山圭介 著者
小山 圭介
4/15/1973生
米国在住のソフトウェアエンジニア。ITコンサルタント
»プロフィール
スポンサーリンク

© 2012 JavaScript 入門