JavaScript 入門

ホーム > ブラウザの JavaScript

ブラウザの JavaScript

ここではウェブサイトのクライアントサイドスクリプトとして動作する JavaScript についてみていきます。 具体的には「ウェブサイトのクライアント」とは通常、Internet Explorer、Chrome、Firefox などのいわゆるウェブブラウザです。

ブラウザ上ではブラウザ自体の情報も欲しい場合もありますし、あるいは、そこに表示されている HTML 文書とやりとりしたい場合もあります。

JavaScript は歴史的にクライアントサイドスクリプトとして広く利用されてきているため、JavaScript のコア部分と、 クライアントサイドとしての機能が混ぜこぜで解説されている場合も多々あります。

といいつつ、そういう当サイトでも余り細かくコアとクライアントサイドの拡張をわけていません。実用的であることを第一として、 思い切って混ぜてます。

例えば JavaScript の説明の例でも、document.write などをバンバン使ってますが、document とはすなわちクライアントサイドスクリプトで HTML 文書を表す Document オブジェクトです。

ホーム > ブラウザの JavaScript